幸せになる勇気【アドラー心理学】

こんばんは!ザッキーです🎵

 

梅雨明け大夫の梅雨明けと共に今日はとーーーってもピーカンのいいお天気😊❣️

梅雨明け大夫ってなんだろ~?って思った方は前記事をどうぞ(^^)/

hiroxjun.hatenablog.com

 

いま、購入してはまって読んでいる本があります。

【幸せになる勇気】です!アドラー心理学のもとに、哲人と青年が交わす白熱した議論・・・面白すぎる!声に出して笑っちゃう(^^♪

 

f:id:hiroxjun:20200801234319j:plain

子育て世代に読んでほしい!

私が【幸せになる勇気】を読みながら思うことなんですが、子育て中の方に是非読んでほしい!ということです。

子育てをしながら知っておきたい思想が、いっぱい詰まっています。

 

結果から申しますと「子供を尊敬し、ほめることも叱ることもせず、子供の自立を促す」ことがどれほど素晴らしいかを、この本を読んだら知ることができます。😌

 

アドラーに失望した青年

著書は前作の【嫌われる勇気】アドラーに感化されたはずの青年が、教育現場で実際にアドラーの教えを頑なに守り【結果が伴わなかった】というクレームをひっさげ「アドラーを打ち捨てる覚悟をして」哲人のところを訪問するところから始まります。

 

青年は、「アドラーの思想は現実社会では何の役にも立たない机上の空論だ」と、哲人に言うのです。アドラーの思想を守り「褒めることも叱ることもしない」を律儀に守った末・・・教室が荒れてしまったと。

 

もうすでに穏やかではないですよね。

この時点で私はもうワクワクが止まりませんでした。w

 

青年の捨て台詞

著書を読みながら楽しんでほしいのが、青年が真剣になるあまり哲人に対して様々な失言を言っちゃいますw

  • 「ペッ!」と唾を吐いてみたり
  • 「いいでしょう、その竿から揺さぶり落してさしあげますよ!」という挑発
  • 「望むところだ、穴という穴を、ほじくり返してやる!」

などなど様々な罵倒が繰り広げられます。

ですが、この青年本当にアドラーのことをよく学習していて哲人が説明したことをわかりやすくまた要約して説明してくれる憎めない方です😌✨

 

教育の目標は自立である

この言葉は、ズドーンと胸に突き刺さりましたね。

この章では「課題の分離」というアドラーの思想を説いてくれているのですが、これがものすごく私の心を軽くしてくれました!

ピックアップしてお伝えいたします😌✨

 

「自分の課題」「他者の課題」

アドラーでは、人生のあらゆる物事について「これは誰の課題なのか?」という観点から「自分の課題」と「他者の課題」の切り分けについて考える。

 

例えば私が上司に嫌われていたとして当然気持ちよくはありませんよね?

  • 何とか好かれよう
  • 認めてもらおう

と努力するのが普通です。ですが、私がどれだけ好かれる努力をしても上司は私を嫌ったままかもしれない。

そして、「あなたは他社の期待を満たすために生きているわけではない」そして「他者もまたあなたの期待を満たすために生きているわけではない」というのです。

 

誰の課題なのかの見分け方

その見分け方は、簡単です。

その選択によってもたらされる結果を最終的に引き取るのは誰か?」を考えればいいというのです。

 

 例えば我々大人は子供に「勉強しなさい!」といいます。

でもそれは私たち親の問題ではないのです。だって勉強をせずの困るのはほかならぬ子供本人だからです。

 

子供が困るから・・・ということで私たちは子供に介入しすぎます

ですがその行為が子供の自立を妨げ、誰の課題なのかをごちゃまぜにしている状態であるとアドラーは説いています。

 

じゃあ、教育って?

青年はいいます。

では、学校は子供たちに勉強を押し付け子供の課題に土足で踏み込む不法侵入者の集まりだ!!!と哲人に食って掛かりますw

 

哲人は言います。教育の目標とするところは「自立」だと。

子供たちが社会的に自立するためには、社会性や正義、知識を持たなければならない。

教育とはそれらを知るものが「介入」するのでなく「援助」することだと。

 

まだまだ二人の討論は続きます

私の今夜のブログでは、上記までしか語りませんが…

 

教育の現場で教室が荒れてしまい、その原因はアドラーの思想だという青年の思いから始まった二人の討論、議論。

  • 人の弱さ
  • 人とのかかわり方
  • 私たちは今なぜこのような世に生きているのか
  • 社会とは何なんか

二人が話をしているスタイルで非常にわかりやすく、楽しく、読みやすく描かれています。

 

 

 

あっちゃんみたいには話せない・・・けどこの本はぜひ読んでほしいおすすめ本です(^^)/

続きが気になる方は書店へゴー🎵✨

楽天市場のURLだけ貼っておきます😊❣️

 

一月一冊本を読みたい。

今月は何の本を買おうかな・・・?

また読んだらおすすめレビュー致しますね😌📚

 

 

 

 最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

THANKYOU for  comming

 

a  lot  of  LOVE💕ザッキーでした(*^▽^*)